【オルビスユーローション】30代の肌をしっかり保湿♪人気の3つのポイントをレビューします。

スキンケア

オルビスユーは、オルビスから30代エイジングケア向けに発売されている化粧水です。

トライアルセットを使って、とろパシャの使い心地が気に入り現品購入しました。

肌にのせたときのとろぱしゃのテクスチャーがくせになるだけじゃなく、うるおいをチャージのハンドプレスで、しっとりうるおいを感じるハリ感のある肌になれます。

今まで有り余る量の化粧水をパシャパシャしていたけど、少量でたっぷりうるおうから、1本で3ヶ月もつコスパの高さもかなり魅力♪

使い心地、使い勝手についてレビューしますね。

オルビスローション 3つのポイントを徹底解説!

オルビスローションの気になる3つのポイントについて、写真付きでレビューしますね。

①オルビスユーローションは、なんと横置きOKの化粧水ボトル☆

値段 2,916円(税込み)
容量 180ml(3ヶ月分)
みかんちゃん

あれ?オルビスユーローション横置きにしてるけど、転がらないの?

オルビスユーローションは、蓋がストッパーの役割をしていて、転がらないから横置き可能です!

だから何?と思う人も多いけど、リビングでスキンケアをしている私にとっては、転がらないから便利です。

②オルビスユーローションは、ティースプーン半分の量でOK!少量だけどしっかりうるおう秘密は?

普通の化粧水は、贅沢にたっぷりの量を顔に載せてくださいとか、コットン使いでパッティングで化粧水を使ってきたと思うのですが、オルビスユーは違います。

  • たっぷりの量⇒必要ありません。
  • コットンパッティング⇒ハンドプレスでOK

オルビスユーは、適量(ティースプーン半分)をハンドプレスでしっかり浸透させるのが正しい使い方です。

どうしてそんな少量で大丈夫かというと、とろぱしゃの使い心地とも関係しています。

 

写真でみるとわかりやすいので、写真で説明します☆

こちら、5滴垂らしたところです。

この量で大丈夫?という少量なのですが、大丈夫です。

オルビスユーローションの1回の使用量は、ティースプーン半分ぐらいなので、大体5滴ぐらいあれば顔全体保湿できちゃいます。

とろみの膜をやぶっって、ぱしゃっとはじけた所です。

とろみの中に、沢山の美容液成分がはいっていて、かなり伸びがいいです。

伸ばすとみずみずしく、肌にぐんぐんなじみます。

肌から化粧水が垂れることなく、はじけた膜がもう一度うるおいの膜になるので、化粧水のロスがありません。

そして、化粧水を押さえるように5秒ハンドプレスをしてあげれば、さらに浸透力が高まり、内側からわきあがるようなハリ感のある肌になります。

みかんちゃん
みかんちゃん

でも、化粧水を手に出すとき、ドバって出ちゃわないの?

 

化粧水の出るところが、ちょっとずつしか出ない形状になっているので、軽く振るだけで適量を手に出せます。

少量で顔全体につけてハンドプレスして、まだうるおいが足りない箇所に2度目のチャージでうるおいを補っています。

③本当にうるおう?オルビスユーローションの保湿力は、旧商品よりかなりアップ♪

独自の高保湿成分「濃密ウォータージェリー」が3倍(旧品比)配合されており、保湿持続力の測定結果は112%(旧品比)に進化しております。このようにお肌の内側をしっかりとうるおすことができておりますので、どうぞご安心ください。(オルビス公式サイトより)

うるおいの膜がパシャとはじけて、肌にぐんぐん染み込んでいく*4ような使い心地で、べたつかずにしっとりの使い心地です。

1回に必要な分量は少ないから、はじめはこんな少量でうるおうのかな?と疑問に感じるかもしれませんが、使ってみると納得です♪

オルビスユーローションの口コミ評判

オルビスユーウォッシュは、ツイッターやインスタグラムでも人気です。

まとめ

今まで化粧水は、あまるぐらいの量をパシャパシャと顔につけていましたが、オルビスユーは全く逆でした。

必要十分の量(ティースプーン半分と少量)を丁寧に顔にのせて、5秒ハンドプレスしてあげると浸透がたかまり、内側から湧き上がるようなハリのある肌になります。

肌にのせる前はとろっとしていたのに、肌にのせたとたんに、”ぱしゃ”とはじける感覚がかなり気持ちよくてくせになります。

ぜひ一度体験してみてくださいね。

今なら1,000円でタオル&マスク付きトライアルセット発売中

 

コメント